ラビットチェア

21世紀美術館にて

金沢の21世紀美術館に訪れた時の事。この日は生憎朝から小雨が続いていました。しかし、円形の
ガラスで覆われた美術館の館内は、どの方向からも光が差し込んでいて、とても開放的で明るい
イメージ。たとえ雨降りの日でも気分は上々です。

SANAA

妹島和世氏と西沢立衛氏の建築家ユニット、SANAAの設計による21世紀美術館は、誰でも自由に
立ち寄れる解放区域と、有料の展示スペースとが混然一体となった、町の図書館のような軽さを
持つ美術館。来る人を拒まないポジティブ思考の素敵な空間です。

ラビットチェア

そんな明るい空間にぴったりはまる椅子が、このラビットチェア。同じくSANAAがデザインした
キャラクター性に富んだユニークな椅子です。館内を歩いている中、情報ラウンジ前の壁沿いに、
ずらっと一列に並んでいました。左右非対称の手書き風のアウトラインが、不思議な生命感を
感じさせます。しばらく眺めていると、なんだかぴょんぴょん跳ねて動き出しそう!キュート!
------------------------------------------
f/4.5 1/400秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 20㎜
------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. CONTAX T2_6

    2020-3-28

    CONTAX T2 レビュー Vol.5

    佇まい。 四半世紀以上も前に発売されたフィルムカメラなのに、当時の定価 12万円という高値で再び中…
  2. T2_かぎろい

    2020-3-23

    CONTAX T2 レビュー Vol.4

    T*(スター)コーティング ゴースト、フレアを抑え、優れた色再現性を実現した、カール・ツァイスのT…
  3. CONTAX T2_5

    2020-3-20

    CONTAX T2 レビュー Vol.3

    CONTAX T2の魅力 コンパクトカメラでありながらも、本格道具としての所有欲を掻き立ててくれる…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る