DENON AH-D9200_7

KIMBER KABLE

お気に入りのヘッドホン、イヤホンを更に自分好みにカスタムアップする楽しみ、その一つがリケーブル。今回、AH-D9200の奏でる美しい音を、より上質なものへと変えるために選んだのは、KIMBER KABLEです。

MUC-B12SM1

モノによっては50万円(!)を超える、およそケーブルの値段とは思えないシリーズもありますが、私が選んだのはMUC-B12SM1。実はこのケーブル、ソニーのヘッドホンMDR-Z1R、MDR-Z7対応の製品なのです。以前同シリーズのMUC-S12SB1を使ったことがあり、KIMBERのリケーブルでサウンドのクオリティが向上することを実感しているため、こちらを購入してみました。

視聴

MUC-B12SM1に対する音品質の期待は確かではあるものの、この製品はソニー製品指定の付属ケーブルなので、何らかの規格の違いで使えないことも考えられます。そこで、購入する前にソニーストアで視聴させてもらいました。

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)はNW-WM1A、ヘッドホンはAH-D9200、そしてケーブルはMUC-B12SM1という構成です。

仕様の違い

ソニー専用品なのできちんと聴けるのかな?と思っていましたが、つないでみるとあっさり鳴らせました。ちなみに、MUC-B12SM1のヘッドホン側の3極ミニプラグ、RとLの接続部分に回転ネジキャップがあるのですが、これはMDR-Z1R、MDR-Z7を接続する際に固定するためのジョイントカバーです。

AH-D9200にはこのジョイントカバーを受けるネジ切りはもちろんありません。従って、このキャップは空回りするだけのキャップになりますが、音質そのものには全く影響ありません。

 繋がって機能したことにひとまず安心したところで、ようやくじっくりと視聴です。次回はその音質についてご紹介します!
>>> 次回 DENON AH-D9200 レビュー Vol.6
<<< 前回 DENON AH-D9200 レビュー Vol.4
<<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. CONTAX T2_6

    2020-3-28

    CONTAX T2 レビュー Vol.5

    佇まい。 四半世紀以上も前に発売されたフィルムカメラなのに、当時の定価 12万円という高値で再び中…
  2. T2_かぎろい

    2020-3-23

    CONTAX T2 レビュー Vol.4

    T*(スター)コーティング ゴースト、フレアを抑え、優れた色再現性を実現した、カール・ツァイスのT…
  3. CONTAX T2_5

    2020-3-20

    CONTAX T2 レビュー Vol.3

    CONTAX T2の魅力 コンパクトカメラでありながらも、本格道具としての所有欲を掻き立ててくれる…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る