BEAMS JAPAN のラジカセ

ヴィンテージ!

ずらりと棚に並んだラジカセの数々!メカとスイッチとボタンが渾然一体となり、顔全面で主張する
その古き良きそのオーラは正にヴィンテージ!ラジオもカセットもレコードもMDもCDもDVDも
あらゆるメディアを吸収するスマートホンが、我々のライフスタイルを次々と塗り替え続ける中、
”いい音を出す”ために競い合いながら作られたかつてのメカとデザインが、今とても新しいのです!

BEAMS JAPAN

完動品のラジカセを本気モードで販売しているのは、新宿のBEAMS JAPAN。日本の民芸や衣類、
プロダクトなどの魅力を発信し続ける、キュレーション・ストアです。懐かしさと新しさが一杯の
ラジカセを展示・販売しているのは、4Fの日本のポップカルチャーのフロアです。

 松崎順一

これらラジカセは全て、”家電蒐集家”松崎順一氏によってレストアされた完動品。中には修理待ち
二ヶ月後納品という物もあり、値引き交渉不可の中古カメラ屋さんのような雰囲気でもあります。
何十年振りになるでしょうか、カセットのイジェクトボタンを押してみると、”カチャッ”っという
音とともにふわっと開くカセットホルダー。これです!この感じ!メディアレスの今の時代には
味わうことのできない、動作と機能と感触が一対一のアナログ感が、今まさにフラッシュバック!

ヘッドクリーニング

ホルダーの奥を覗き込むと、テープから音を読み取るヘッド部分が見えてきました。思い出した
のはヘッドクリーニング。綿棒に専用のピンク色のアルコールを湿らせてヘッドをこすります。
綿棒には黒い汚れが擦り取られヘッドはピカピカ、いい音復活!昭和のあの時代が懐かしい!
ラジカセ
>>> 東京スナップ!
---------------------------------------------
f5.6 1/50秒 ISO100 露出補正+0.3
SONY α6000 レンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 18㎜
---------------------------------------------

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る