α7 III

フルサイズαの本気

これで本当に”ベーシック”?有効約2420万画素裏面照射型フルサイズCMOSセンサーに、最高
10コマ/秒。撮像エリアのほぼ全面をカバーする693点像面位相差AFセンサーに、強力に進化
した瞳AF。これだけ詰め込んだ本気の新型α7 IIIを、”ベーシック”のカテゴリーに入れるとは!

高剛性ボディ

ソニーストア 大阪で、発売前のα7 IIIの実機を実際に触ってきました。現行機α7 IIと同様、
本体には堅牢性と軽量化を追求したマグネシウム合金を採用。大口径レンズFE 85mm F1.4
のセットでしたが、本体先端に820gの重量級レンズを抱えていてもボディはビクともしません。

EVF

現行機α7 IIからスペックは据え置きでしたが、改めてEVFで撮影をしてみて思いました。
一眼レフユーザーがミラーレスへの移行に二の足を踏む、最も大きな理由がEVF。被写体を
そのまま見てダイレクトに確認するOVFのライブ感を、EVFには超えられないと思っていました。
しかし40代を過ぎて視力が弱くなり、ピント合わせがキツくなってくると話が変わってきます。

利点

年を追うごとにEVFの解像度が大きく向上し、画像のタイムラグがほぼ無くなってくると、逆に
EVFでしかできないファインダー内でのピント拡大表示機能の使い易さや、露出補正の結果が
画面内でそのまま確認できるEVFの利点が徐々にクローズアップされてきました。

ファインダーの転換期

一眼レフのボリュームユーザーである多くのシニアにとって本当に使い易いのは、弱った視力を
優しくサポートしてくれる、進化したEVFを搭載した、新世代ミラーレス機なのかもしれません。
時代の転換期は、すぐそこまで来ているのかも?
>>> 次回 SONY α7 III 1st レビュー Vol.2
<<< 前回 Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る