α7 III_2

耐ミラーショック

当たり前のことですが、ミラーレスにはミラーがありません。一眼レフには必要不可欠なミラーを
駆動させる必要がないので、撮影の際のミラーショックによる画像のブレが、構造上発生しません。
これは、一眼レフに対する大きなアドバンテージ。年々高解像度化しているフルサイズであれば
尚の事、カメラ本体の微細な振動を極力抑え込む制振性は、とてもシビアな問題です。

5軸ボディ内手ブレ補正

ミラーレス構造に加えてα7 IIIは、α7 IIに引き続き5軸ボディ内手ブレ補正機構を採用。フルサイズ
の他社一眼レフでは未だ搭載しているものはありません。しかもボディ内の手ブレ補正機構なので、
手ブレ補正機能非搭載のレンズでも、他社レンズでも、更にはオールドレンズでさえも、手ブレに
対する安心感を享受できるのです。

ミラーレスの制振技術

ミラーショックの不安から解放され、5軸ボディ内手ブレ補正が更に振動を抑え込む。このダブルの
安心感は、フルサイズユーザーにとって強力な撮影のサポートになるはずです。フルサイズの広大な
スケール感を生かした風景写真はもちろんのこと、街中のスナップショットでも威力を発揮する
制振性能の大きな進化。一眼レフの牙城を崩す、強力なカウンターなのではないでしょうか。

ゲームチェンジャー

α7、α7R、α7S、α9。ハイエンドからベーシックまでずらりと揃えたフルサイズ・ミラーレスの
ラインアップ。エレクトロニクスの大きな進化が、人間の老いによる撮影ハンディキャップを強力に
アシスト。一眼レフにはできなかった新ステージへミラーレスは踏み込もうとしています。ソニーは
2強を超えるゲームチェンジャーになり得るのか?その試金石になりそうなのがこのα7 IIIです。
>>> 次回 SONY α7 III 1st レビュー Vol.3
<<< 前回 SONY α7 III 1st レビュー
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. IER-Z1R

    2018-8-12

    SONY IER-Z1R

    Signature Series ヘッドホン、デジタル・オーディオ・プレーヤー、ヘッドホンアンプ。…
  2. 久米寺の黒猫

    2018-6-30

    久米寺の猫

    あじさい寺 梅雨後半の日曜日、奈良 久米寺を訪れました。久米寺はあじさい寺。本堂横にはあじさい園が…
  3. Chromecast Audio

    2018-6-23

    Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その4-

    もう一つの音楽連携 前回まで、Google Home+ワイヤレススピーカーで快適に音楽を楽しむ方法…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る