二月堂_お水取り

 

10人の童子が担いで掲げる10本のお松明。

1本が約40㎏とも言われている重量級の松明を、掲げて、走って、ぶん回す。
目の前で燃え盛り、強烈な熱気を放つ巨大な炎の玉を自在に操る童子たちの熟練の技は、
ただただ、流石(さすが)と言わざるを得ません。

絶えることない奈良の歴史。

奈良の春を呼ぶ火の行、お水取りは今年で1261回目。

戦時中も、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の時も、飢饉の時も、南都焼き討ちの時も、
一度も絶やすことなく、毎年行われてきた歴史深い伝統の行事。

奈良という地に宿る歴史の奥深さに、今年もまた思いを馳せてしまったのです。
------------------------------------------
f/5.6 1/6秒 ISO800 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 85㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS RP

    2019-2-16

    Canon EOS RP

    カジュアル・フルサイズ かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでし…
  2. 紫紺野牡丹_

    2019-2-9

    紫紺野牡丹(シコンノボタン)

    祇園の紫 去年、京都 祇園を訪れた時のこと。お昼をどこで食べようかと花見小路通を行ったり来たりして…
  3. 帝釈天

    2019-2-3

    Canon EOS R レビュー -質感表現-

    レンズとカメラの新しい関係 キヤノン初のフルサイズ・ミラーレスは何もかもが新しい。新設計のカメラに…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る