二月堂_お水取り

 

10人の童子が担いで掲げる10本のお松明。

1本が約40㎏とも言われている重量級の松明を、掲げて、走って、ぶん回す。
目の前で燃え盛り、強烈な熱気を放つ巨大な炎の玉を自在に操る童子たちの熟練の技は、
ただただ、流石(さすが)と言わざるを得ません。

絶えることない奈良の歴史。

奈良の春を呼ぶ火の行、お水取りは今年で1261回目。

戦時中も、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の時も、飢饉の時も、南都焼き討ちの時も、
一度も絶やすことなく、毎年行われてきた歴史深い伝統の行事。

奈良という地に宿る歴史の奥深さに、今年もまた思いを馳せてしまったのです。
------------------------------------------
f/5.6 1/6秒 ISO800 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 85㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る