石上神宮_2

境内の鶏

先日、久しぶりに奈良 石上神宮へとお参りに行ってきました。県道51号線沿いの駐車場に
車を停めて参道を通って境内に入ると、砂利道の上にはいつものように多数の鶏が放し飼いに
なっていました。

東天紅

境内の中を自由に歩き回っている鶏は多種多様。全身真っ白で顔や嘴が真っ黒な烏骨鶏や、
真っ赤な鶏冠(トサカ)に白い羽の、いわゆる”ニワトリ”と呼ばれているレグホン。そして、
一際色鮮やかで美しい羽を持ってるのがこちらの写真、東天紅。

凛。

背筋をピンと伸ばし、尾を真上に掲げながら石灯籠の間を思うまま、自分の足取りで歩いて
いる姿は、威厳に満ち溢れています。私は他の鶏たちと私は違うんだ、という力強いオーラが
ひしひしと伝わる、凛とした姿。鳥の世界にも品格があるのだ、と感じました。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/200秒 ISO200 露出補正-0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 70㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る