1000系

すれすれ!

うわっ、本当にすれすれだっ!!
思わず声を上げたくなるようなほど、隣の一般住宅の壁や生垣と近接した驚きの距離感のままで、
今日も江ノ電は全く普段通りの様子で、鎌倉の町の中を走行しています。

併用軌道区間の臨場感

写真に撮ったこの七里ヶ浜の辺りは、道路と並行して走る併用軌道区間なので、線路の左右には
柵もフェンスもなく、車両全身が露わな状態で目の前を走り抜けてゆく姿は、なかなかの迫力。
自転車や車はもちろんのこと、歩行者ともすぐ隣を並んで町を走る江ノ電。この身近な存在感こそ
が、鎌倉の人たちに深く愛される所以なのです。

生活道路

江ノ電の線路沿いに歩いていると、線路を横断する小さなアスファルトの踏切がいくつも現れて
きます。写真でも見える、1000系の先頭車両の直前、道路と民家を左右につなぐ踏切がそれ。
見て分かる通り、そこには遮断機などありませんので、渡る時はしっかり左右を見て安全を確認
してから! あくまで自己責任で渡るというこの横断踏切、小さな子供は大丈夫なのかな…。
---------------------------------------------
f/5.6 1/1000秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 85㎜
------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る