退蔵院

瓢箪の意匠

京都 妙心寺の塔頭、退蔵院(たいぞういん)の境内を散策していると、ふと気がつけば何やら瓢箪
(ひょうたん)に関わる意匠がそこかしこに見受けられます。例えば土塀の瓦やお土産など、まるで
隠れミッキーのような在り様で、寺院のあちこちに瓢箪のキャラクターが登場します。

瓢鮎図(ひょうねんず)

さて、退蔵院が所蔵する国宝といえば、瓢鮎図(ひょうねんず)。瓢箪で鯰(なまず)を押さ
られるか、という問いを絵にした有名な山水画は、禅寺に相応しいまるで禅問答のような疑問を
見る者に語りかけます。退蔵院に瓢箪のモチーフが多いのは、この瓢鮎図にちなんだもの。

「大休庵」の窓

さて、境内の奥にある茶室の下地窓(したじまど)にも、瓢箪の形が大きく取り上げられていました。
茶席「大休庵」の窓は大きくユニークな瓢箪の形。瓢箪独特の、どこかひょうきんなアウトライン
をそのまま生かした建築意匠に、出会ったこちらもなんだか心がほっこり…。
---------------------------------------------
f/4.5 1/400秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 70㎜
------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る