退蔵院

瓢箪の意匠

京都 妙心寺の塔頭、退蔵院(たいぞういん)の境内を散策していると、ふと気がつけば何やら瓢箪
(ひょうたん)に関わる意匠がそこかしこに見受けられます。例えば土塀の瓦やお土産など、まるで
隠れミッキーのような在り様で、寺院のあちこちに瓢箪のキャラクターが登場します。

瓢鮎図(ひょうねんず)

さて、退蔵院が所蔵する国宝といえば、瓢鮎図(ひょうねんず)。瓢箪で鯰(なまず)を押さ
られるか、という問いを絵にした有名な山水画は、禅寺に相応しいまるで禅問答のような疑問を
見る者に語りかけます。退蔵院に瓢箪のモチーフが多いのは、この瓢鮎図にちなんだもの。

「大休庵」の窓

さて、境内の奥にある茶室の下地窓(したじまど)にも、瓢箪の形が大きく取り上げられていました。
茶席「大休庵」の窓は大きくユニークな瓢箪の形。瓢箪独特の、どこかひょうきんなアウトライン
をそのまま生かした建築意匠に、出会ったこちらもなんだか心がほっこり…。
---------------------------------------------
f/4.5 1/400秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 70㎜
------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 21century

    2017-4-26

    金沢21世紀美術館 スイミング・プール

    オープンマインド 2004年に開館して以来10数年経った今でも、日本で屈指の人気を誇っているアート…
  2. LUMIX_4

    2017-4-24

    Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-

    即応性 絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正。出会った被写体を即座に、感じたまま写そう…
  3. 上海のわんこ

    2017-4-22

    上海 広東路(グアントンルー)のわんこ

    精肉店の看板犬 上海市内の広東路(グアントンルー)を歩いていた時のこと。右からも左からも来る車とバ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る