岡崎疎水と少女

京都 桜の開花情報

この週末、京都の桜の開花状況を見てみると、洛南、洛中、洛東エリアは軒並み満開!日曜日は
一日雨の様子だし、行くなら土曜日しかない!と朝から準備万端、”清水寺/平安神宮/東寺辺り”
と大まかに目星をつけて出かけていきました。

疎水沿いの桜並木

平安神宮の桜を見て回った後、さて次はどこへ行こうかとスマホで検索しながら歩いていると、
前方に桜並木が見えてきました。「そうだ、この辺りは岡崎疎水だ!」と思いだし、この辺で
お弁当を食べようかと周囲を散策。神宮通の大鳥居の前にかかる橋のまえに来た時のことです。

春色の少女。

橋の中央の欄干に、なんともカラフルな春色の服を着た少女が、楽しげな表情で疎水の流れを
眺めていました。ドイツ人の親子だったでしょうか、耳慣れない異国の言葉で、「ヘイハニー、
もう行くよ!」というような感じで、父親が呼びかけていましたが、春色の少女は川の流れと
桜に夢中。欄干から離れようとはしません。

柔らかい日差し

朝から厚い雲がなかなか晴れませんでしたが、昼前にサァーと雲が晴れ、青空に恵まれた午後。
太陽の柔らかな日差しを受けて輝く、羽のような少女の髪が、とても眩しく見えました。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
--------------------------------------------
f2.8 1/200秒 ISO100 露出補正+1.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 53㎜
------------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る