Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -ボケ味-

屋根瓦

センサーサイズとレンズの明るさ

一般的に、センサーサイズが大きいほどボケの量が豊かになります。そしてまた、レンズのF値が
明るいほどボケの量が豊かになります。では、フルサイズの1/4ほどの面積しかない大きさの
フォーサーズセンサーに、明るいレンズを組み合わせた時のボケ具合とは?

LEICA

DMC-LX100が搭載している本体一体型のレンズ、F1.7 LEICA DC VARIO-SUMMILUX。
F1.7スタートという驚異の明るさを誇るズームレンズですが、このレンズと、DMC-LX100の
4/3型MOSセンサーとのコンビネーションが生み出すボケ味を試すため、早速撮影開始!

ボケ味

距離に比例したボケ具合を段階的に見極めようと選んだ被写体は、法隆寺の東側の通り沿いの
長い土塀。手前から奥までずらりと並ぶ三つ巴紋の軒丸瓦の一番手前にピントを合わせ、絞りは
F3.2で撮影。3番目から奥にかけて、極自然に柔らかく背景に溶けていくのが分かります。

フォーサーズ

APS-Cよりも一回り小さなフォーサーズ規格のセンサーなので、どれくらい綺麗なボケを見せて
くれるのだろう?と思っていましたが、ご覧の通り、予想を超える立体感。合焦箇所の質感も
なかなかです。コンパクトデジカメとは思えない、一段上の上質なタッチを表現してくれました!
>>> 次回 Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-
<<< 前回 Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -EVF-
---------------------------------------------
f3.2 1/800秒 ISO200 露出補正+0.3
Panasonic LUMIX DMC-LX100 レンズ: F1.7 LEICA DC VARIO-SUMMILUX 10.9㎜
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る