サグラダ・ファミリア_福音の扉

鮮烈な光のアートの洗礼を受けた後、放心状態のまま西側出口へ。

扉を抜けて教会を出ようとすると、その扉の表面に、まるで強く硬い意思を込めて彫られているか
のような、立体的なアルファベットの文字のレリーフ。

受難の門にある「福音の扉」です。

八千の文字の福音書。

このブロンズ製の扉には、約八千の文字で書かれた福音書の一部が、レリーフとして刻み込まれ
ているのです。無数に並んだ文字をよく見れば、文字が一点、輝きを放っています。扉の一部に、
神への感謝の印として“JESUS(ジーザス/ヘスース)”の文字のみ金色で装飾されていました。

闇と光。

モノトーンと色彩とが隣り合わせに混じり合う、サグラダ・ファミリアの巧妙で深い意匠の数々。

遥かな年月、これまで携わってきた数え切れないほどの職人たちが心に秘めた、揺るぎない誇りと
自信とで作り上げられた巨大な宗教建築。

サグラダ・ファミリアは、人間の力の偉大さをこの身にはっきりと感じさせてくれる、世界遺産に
相応しい、素晴らしい建築です。
---------------------------------------------
f/7.1 1/50秒 ISO800 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 47㎜
---------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る