サクラ

冬のサクラ

椿なのにサクラ。その不思議な名前を前に、一瞬、?となってしまう冬の花。例えば、「菊冬至
(きくとうじ)」や、「チューリップタイム」というように、名前の中に別の花の名前が入っている
椿の花が幾つかありますが、こちらは真っ直ぐに「サクラ」と言い切る椿。やっぱり不思議です。

椿寿庵にて

こちらの椿、「サクラ」に出会ったのは椿寿庵にて。毎年この時期の訪れている椿寿庵とは、奈良
大和郡山にある、1000種類もの椿を栽培/公開してる個人宅。この日、本物の桜の方はまだ蕾。
寒い時期でしたが、こちらのサクラは満開。小さな可愛らしい花をたくさん咲かせていました。

鉢植え

椿を栽培しているハウスの中を、一鉢一鉢眺めていると、満開の花が鈴なりになっている鉢に目が
釘付け。それがこのサクラ。名札を見て、えっ?と思いましたが、確かにどこかサクラのような
雰囲気。椿にしては小振りで優しく、下を向いて咲いている様子は桜と同じ。明るくて華やかな
薄紅色が似合う、素敵な椿でした。
------------------------------------------
f/6.3 1/100秒 ISO400 露出補正+1.7
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る