Beoplay H8

ワイヤレス・ヘッドホン

 ヘッドホンは今、ワイヤレスが大注目。SONY、Beats、ONKYOはもちろん、B&Wや
harman/kardonに至るまで、新旧洋邦問わずあらゆるオーディオメーカーがこぞって
Bluetoothヘッドホンに参入。もちろんこれはスマホの影響。ペアリングさえすればどんな
メーカーでも、速攻でワイヤレス・ミュージックが楽しめる。お手軽、かつ便利!

音質か、快適さか

煩わしいケーブルから解放される利点がある一方、マイナス要因も。Bluetoothで音楽データ
を転送する際、データが圧縮される為、有線で聴く時よりも音が若干劣化します。音質か、
快適さか非常に悩ましい選択枝でした。ところが最近、音質を大きく向上させる技術が登場!

コーデック

かつてのBluetoothヘッドホンは、ワイヤレスで聴くとどれもキレが悪く、その音質は今ひとつ。
この頃に採用されていたコーデック(圧縮方式)はSBC。しかし現在、新世代のコーデックと
して、高音質なAACやaptXなどが登場し、中にはハイレゾ音質も転送OK!というものまで!
ワイヤレスでも音質が飛躍的に上がり、今再びBluetoothヘッドホンに注目が集まっています。

B&OのBluetoothヘッドホン

デンマークの高級オーディオブランド、Bang & Olufsen。高級スピーカーやハイエンドテレビ
などでおなじみですが、このB&Oからリリースされているヘッドホンのシリーズ、BeoPlay
H8とH7が、いまトレンド真っ盛りのBluetooth搭載のワイヤレスヘッドホン。

一目(聴)惚れ!

ヘッドホンを選している時、B&Oは全くノーチェックでしたが、先日、ビックカメラで偶然
視聴してみて、その音のクオリティに一目(聴)惚れ!その場で購入を決めて使い始めました。 
お気に入りのポイント、音のクオリティ、外観デザイン等、早速レビューを開始していきます!
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ワイヤレス−
<<< 前回 SONY XBA-A2 レビュー −おすすめアーティスト−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る