だだおし_赤鬼_polo

遂に真打、赤の鬼、登場!

約二尺余り(約60cm)もあるという大鬼面の赤の鬼。大取りを飾るだけあって、その迫力、眼力、
オーラは半端ではありません。そのにらみが一種異様なほどの目力を感じるのは、それが正に
歌舞伎の“見得(みえ)”の型に則っているからではないでしょうか。

“見得(みえ)”の知られざる型。

“見得(みえ)”は、一見、両目を寄り目にさせているように見えますが、実は寄り目は片方だけ
なのです。(>>>知っておきたい歌舞伎のルール 見得 より)

右と左が異なる方を向くことに、見得の極意があるとのことで、確かによく見ればこの赤の鬼の目、
どことなくそんな風にも見えます。

「角度のせいかな?」とも思いましたが、いずれにせよこの逞しく隆起した強面の面構え。
三匹の中で、最もパワフルな鬼であることは紛れもない事実でした。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/40秒 ISO800 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 24㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る