nikon z7

ニコンのフルサイズ・ミラーレス

やはり、ミラーレスが次の時代を作っていくのだろうか。
ソニーの独壇場だったフルサイズ・ミラーレスのカテゴリーに、遂にあのニコンが参入。しかも全く新しい”Zマウント”を引っ提げての登場ということは、このカメラにかけるニコンの並々ならぬ本気度が感じられます。

Z7とZ6

今回発表になったのは、撮像素子の解像度が異なるZ7とZ6。もちろん画素数の違いだけでなく、連写性能やISO感度、AF測距点などがそれぞれ違います。しかし、4,575万画素の上位機種、Z7の市場想定価格は、ボディーのみでなんと約44万円!ソニーのα9とガチンコ勝負となる、強気の価格設定。ボディだけでこのプライス…。正直手が出ません。

FとZ

しかし、撮像素子の大きさが同じフルサイズ一眼レフでニコンが採用しているFマウントを採用しなかった訳は?
それは、Zマウントレンズシリーズで、今後開発発表がアナウンスされている、F0.95のモデルからも分かるように、より明るさを重視した高品質レンズ群をリリースするのが目的。ということは、レンズ自体もきっと高価でプレミアム。うーん、9月下旬(Z6は11月)の発売が待ち遠しいような、もはや関係ないような…。
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る