だだおし_緑の鬼_

本堂裏手からまず姿を現したのは、青の鬼。

大松明とともに回廊を練り歩き、ぐるりと一周して再び本堂裏手から現れた時です!今度は本堂
前側から姿を見せたのがこの緑の鬼。
西側の回廊の端と端に現れた鬼同志が、互いに眼光を怒らせながら、その歩を近づけて行きます。

本堂に響き渡る奇声!

「ウー!んーっ、ぅおーっっ!!」と、奇声を上げながらのしのしと歩みを進め、あわや一触即発!
恐ろしい形相で、カチ合う寸前ですれ違った両者でしたが、本当のバトルはこの後始まったのです。
だだおしの鬼の後ろには、それぞれ数人の男衆が付き、巨大な大松明を肩に抱えてます。

大松明バトル、勃発!

青と緑の鬼がすれ違ったその瞬間、それぞれの鬼の後ろで巨大な炎を燻(くゆ)らしていた二本の
大松明同志が、「バチッ!!」という音を立てながら激突!

ぶわっと火の粉が乱れ飛び、炎の熱気が観客の周りを包みます。この迫力こそが、奈良の二大火祭り
の由縁なんだな、と感心したのです。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/60秒 ISO640 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 24㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る