蓮と蜘蛛

GO icon

 
カメラ女子必見!ゆるふわフォトの撮り方ステップA・B・C!

ミラーレスのアートフィルター、なかなか楽しいですよね。北欧風に“デイドリーム”とか、
ノスタルジックな雰囲気ならば“ファンタジックフォーカス”とか、ちょっと小粋なパリジャン
気分なら“クロスプロセス”とか。
色も、空気感も、雰囲気も、ゆるふわフォトスタイルには、人それぞれにこだわりがありますが、
ゆるふわフォトに共通する、いわゆる“ここがキモ!”の部分をおさらいしてみたいと思います!

① 露出補正はプラスが必須!!

ゆるふわには空気感と透明感がとっても大事!ゆえに、露出補正のプラス補正は必須条件です。
迷わず3段上げて+1から微調整しましょう。ミラーレスなら、液晶を見ながら調整できるから
分かりやすいですよね!

② 絞りは開放で!

きれいなボケは空気感を美しく演出します。よって、できるだけ絞りは開けて画面を“ふわっ”と
させましょう!同じ理由で、もし標準ズームだったらなるべく望遠側を使ってフレーミングし、
ボカし量を大きくさせることで、よりふんわり感が演出できます。
写真は絞り開放、標準ズームのテレ(望遠)側いっぱいに使って、小さなペールグリーンの
ウロコアシナガグモの前後をふわりとぼかすことで、爽やかな初夏の空気を描いています。

>>> 次回 ゆるふわフォト 撮り方レシピ!! その2

---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/160秒 ISO100 露出補正+1.3
レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 70㎜
--------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る