構図の基本 -三分割法-

座間市のひまわり畑

写真の「構図」。奥深いテーマです。

「構図」とは、撮影者の被写体に対する見方や、写真の表現がそのまま画面に現れるもの。
つまり、人には人の「構図」があるので、そこには決まったセオリーなどありません。

しかし一方で、被写体をより良く見せ、その魅力を伝えるための「構図の基本」は存在します
自分のオリジナリティを慌てて追い求める前に、今一度、構図の基本についておさらいしてみる
のもいいのではないでしょうか?

という訳で、第一回、構図の基本は「三分割法」です。

まず、下の写真を見て下さい。被写体を画面のど真ん中に配置した「日の丸構図」です。
画の中心に固定された被写体からは動きが感じられず、ごく平凡な見え方にしかなりません

ダリア

 ------------------------------------------

さてここで、再びタイトル写真を見てください。非常に分かり易い「三分割法」に則った構図です。
三分割法とは、画面の縦横それぞれ3つのグリッドに分割して、その比率に合わせて被写体の配置
を決め、画面全体のバランスを決める方法です
このタイトル写真に、9分割されたグリッドを表示させてみるとこのようになります。

ひまわり_グリッド

画面下2/3を占めるひまわりの笑顔。この画面の構成比を見ただけで、写真の主題が何なのかを、
瞬時に理解することができます。これが仮に、上下半々ずつの比率だと、被写体の重心が二つに
分かれてしまい、主題がぼんやりしてしまいます

横構図でも三分割法。

三分割法は、横位置でももちろん有効です。下の写真をご覧下さい。

法起寺

この写真にグリッドを表示させると、こんな感じです。

法起寺_グリッド

下側1/3のライン上に山並みのシルエット。そして画面右1/3に三重塔を配置したレイアウト。
このように、三分割法は画面を三つに区切るだけでなく、それぞれの交点を意識することで、
被写体と背景とのバランスがとれ、空間性や奥行感や画面のリズムが生まれるのです

なるほど! ですね。
>>> 構図の基本 -日の丸構図-
<<< ゆるふわフォト 撮り方レシピ!! その3
--------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る