サグラダ・ファミリア_1

バルセロナの街中に、それは唐突に現れるのです。

車から降り立ち、その威容を間の前にした時、声にならない感嘆の声を上げながら、ただ静かに
その足元に佇みました。スペイン随一の世界遺産、サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)。
空を仰ぐその大きさ、眼前に聳えたつ雄々しさは、自分の想像を遥かに超越していました。

アントニ・ガウディのライフワーク

85年前に亡くなったカタロニアの建築家、アントニ・ガウディのライフワークでもあり、現在も
建設は継続されているサグラダ・ファミリア。ガウディの没後100年となる2026年に完成すると
言われていますが、もう残りはあとたったの11年しかありません!

シエスタの国の考え方。

これまでの建設ピッチを考えると、とてもそんなに早く完成するとは思えないのですが、スペイン
国民自体、教会の完成がいつになろうと、あまり関心がないそうです。
価値の高い建築はそれだけ時間がかかって当然、かかった時間の分だけ価値があるという考え方。

確かに、その考えはとても健全で正しい。

スマホの反応が、サクサクいかずにイライラする!という、自分の身に付いてしまったせっかちな
時短感覚を、静かに戒めてくれている考え方なのです。

------------------------------------------
f/10 1/125秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 17㎜
---------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鹿の赤ちゃん

    2017-6-15

    鹿苑(ろくえん)の赤ちゃん小鹿 Vol.3

    ベビーラッシュ 奈良公園。6月初旬は、鹿達のベビーラッシュの時期。園内に設置されている鹿の保護施設…
  2. α6000_3

    2017-6-12

    SONY α6000 レビュー -デザイン-

    水平と垂直 α6000のデザインを語る上で欠かせないキーワード、それは水平と垂直。あまりに普遍的で…
  3. 御衣黄

    2017-6-10

    緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)

    緑色の桜 「緑色の桜というものがある。」と、テレビのクイズ番組で出題されたなぞかけ問題のような話を…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る