シャッタースピードと被写体の関係 ③ ーF1とピントー

ベッテル

オートフォーカス設定

目の前を、驚異的なスピードで走り抜けていく美しいF1マシン。その動きに合わせて、望遠レンズの
振るタイミングを徐々にマスターすることができたら、次はピント!動きの早い動体へのピントの
合わせ方を意識してみます。まずはオートフォーカス設定。基本はコンティニュアスAF(AIサーボ)。
これは、動体に対して常に焦点を合わせ続けていくAFモードです。

置きピン

しかし、F1マシンが真横を駆け抜けていくような、爆速の撮影ポイントや、被写体までの距離の
近さなどによっては、オートフォーカスの追尾スピードが追いつかない場合もあります。また、
”撮りたいのはこのアングル!”と、ポイントが定まっている場合は”置きピン”で撮影しましょう。

ジャスピン!

置きピンとは、予め決めた撮影ポイントに焦点を固定してしまうこと。レンズをオートフォーカス
からマニュアル(手動)フォーカスに切り替え、狙いたいアングルのポイントに焦点を合わせて
おきます。そしてピントリングはそのままに流し撮り!設定したアングルの前後についてはピント
を外してしまいますが、”ここ!”と狙ったアングルでは必ずジャスピンになります!AIサーボで
被写体を見失ってしまい、ピントが迷ってしまうことがありません。

日の丸構図の脱却

また、置きピンの利点として、構図を自在にコントロールできることが挙げられます。「この
撮影ポイントでは、構図のバランスとして、マシンの前方に余白を撮りたい!」とか、「マシン
同士の白熱するバトルを撮りたい!」と思った場合、中央重点のAF設定では希望通りにはいき
ません。狙いの位置とアングルがはっきりしている場合、置きピン設定の方が確実なのです。
---------------------------------------------
f/ 1/8秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM 300mm
---------------------------------------------
>>> シャッタースピードと被写体の関係 ④ ーボケと動きー
<<< シャッタースピードと被写体の関係 ② ーF1とシャッタースピードー
---------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る