シャッタースピードと被写体の関係 ② ーF1とシャッタースピードー

アロンソ

流し撮り

シャッタースピード優先で撮影すべき被写体の一つ、車。走るその姿が最大の魅力なのですから
当然ですね。車が疾走する一瞬を写し撮りつつ、スピード感を表現することができるテクニック
が流し撮り。この時にまず意識するべきポイント、それがシャッタースピードなのです。

1/250秒

流し撮りにトライする場合、シャッタースピードの設定は1/250秒。プロならば1/125秒は普通。
1/30秒や1/8秒などというスローシャッターまで難なくこなして写すことが可能ですが、初心者に
そんな真似はできません。あっという間に目の前を駆け抜けていく被写体の姿は、ファインダーの
中に収める事すら難しいので、まずは1/320秒から1/250秒でスタート!

F1マシン

走る姿そのものがプレミアム。そんな車といえばやはりF1マシン。タイトル写真は2011年鈴鹿で
撮影、アロンソがドライビングするフェラーリのマシン、150°Italia。脅威的なスピードで目の前を
駆け抜けるF1マシンを写真に収めるのは至難の技。この時はさすがに1/320秒でないと被写体ブレ
を止めることはできませんでした。したがって背景の流れもホイールの回転ももう一つですが、
フェラーリレッドのグラマラスなボディを捉えることができました!
---------------------------------------------
f/8 1/320秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM 220mm
---------------------------------------------
>>> シャッタースピードと被写体の関係 ③ ーF1とピントー
<<< シャッタースピードと被写体の関係 ① ー雪ー
---------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 本法寺

    2017-4-28

    京都 本法寺の桜

    静かな穴場 桜の季節の京都といえば、とにかく人、人、人。美しい季節に京都を訪れた私自身も、その人混…
  2. 21century

    2017-4-26

    金沢21世紀美術館 スイミング・プール

    オープンマインド 2004年に開館して以来10数年経った今でも、日本で屈指の人気を誇っているアート…
  3. LUMIX_4

    2017-4-24

    Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-

    即応性 絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正。出会った被写体を即座に、感じたまま写そう…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る