IER-Z1R_4

ジルコニウム合金

磨き上げられた美しいクロームの輝きが特徴のIER-Z1R。この外観に使用されているハウジングの素材は、ジルコニウム合金。ハイエンドオーディオでは大抵、アルミやステンレス、またはチタン合金などが使われることがありますが、ジルコニウムを使った製品というのは聞いたことがありません。

硬度500

今回 IER-Z1Rにジルコニウム合金が採用された理由は、硬度と耐食性。硬度50〜100ほどのアルミよりも、さらに固いステンレスで硬度150〜200。それよりも硬いチタン合金では約310。しかしジルコニウム合金の場合はなんと硬度500〜520!その上チタンよりも耐食性、耐金属アレルギー性に優れるという、理想的な金属なのです。

ペルラージュ加工

このジルコニウム合金、ハウジングだけでなくフェイスプレートにも使われていますが、常に見えるこの部分は本体外観のデザインを決める最も重要なパーツ。その表面の仕上げとして施されているのがペルラージュ加工。高級機械式腕時計などに使われている金属の装飾技法の一つで、プレートの表面に極小のスピン加工を重ねていく方法です。

パール

”パール”を語源とするペルラージュ加工は、その名の通り、金属板にきらびやかな美しい輝きと、光が常に変化する反射効果をもたらします。随分立体的な加工を施しているなと思って、実際にフェイスプレートのパーツに触れてみると、驚くことに加工表面は全く凹凸感を感じません。まるで魔法のようにも思えますが、それほど繊細な加工技術なのです。

こだわりとアイデアがギュッと詰まった高性能な中身のイメージを、目に見える形で外側にも表現したい、という意図で生み出されたIER-Z1Rのデザイン。こちらも様々なアイデアに満ち溢れていました。
<<< 前回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.3
<<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る