IER-Z1R_3

ダイナミックドライバー

IER-Z1Rは3つの異なるドライバーを持つハイブリッド型。その音の中核を成すのが直径12mmのダイナミックドライバー。このドーム部に採用されているのがこれまで使われたことがなかった新素材、薄膜マグネシウム合金。これを取り付けるために、何とコーンの中央部分をわざわざ切り落とし、小さなマグネシウムのドームを接合しているのです!

12mmの中の世界

ダイナミックドライバーの直径は12mmなので、その中央部にあるマグネシウムのドームはコンタクトレンズの半分ほどの大きさ。この小さな金属製のドームを全周囲接合する!まるでスイスの精密機械式時計の世界です。これを職人技と言わずしてなんと言うのでしょう。

5mmの中の世界

そしてもう一つのダイナミックドライバーが、超高音域再生を実現する直径5mmのダイナミックドライバー。拡大鏡がなければ見えづらいほどの小さな振動板の形を見てみると、中央のドームが通常の球形とは異なる円錐形をしています。桑原氏にその理由を聞いてみると、これは剛性強度を向上させるためとのこと。

円錐ドーム

あまりにも小さな振動板のために、音の入力に対して強い力が入った時、通常の球形ドームでは変形してしまうのです。そのため断面形状が三角形の円錐を採用。これにより強度は増したものの、円錐の角度によっては音が全く鳴らないことがありました。そこで数多くの角度の円錐ドームの試作を作っては測定し、ついに最適角度の円錐ドームが出来上がりました。

エンジニアでありながら粘り強い情熱家。妥協を許さないクリエイターなのですねぇ…。
>>> 次回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.4
<<< 前回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る