WI-1000X_8

スマート&タイト

WI-1000Xの外観デザインを一言で言い表すならば、”スマート&タイト”。首周りへの視覚的な
存在感を極力なくすため、機構設計/基板レイアウトを見直しながらあくまでスリムさにこだわり、
ここまでコンパクトでスマートな躯体が実現しました。では、キーワードに挙げた”タイト”とは?

ステンレス

ネックバンドタイプのヘッドセットは、首に掛けるたびに本体を左右に広げるため、躯体に多大
な応力が加わります。何万回もの伸縮に耐えるためには、ABSやエラストマー系の柔らかい樹脂
を採用するのが一般的ですが、やわい樹脂だけでは外観品位がありません。そこで、たわみに強く
高剛性でタイトな金属素材、ステンレスを採用したのが、WI-1000Xのデザインのポイント。

ハンガーパッド

ソリッドでタフなステンレスを立体曲面で加工された、こだわりのハンガー部の内側を見ると、
ハイエンドクラスのヘッドホンに採用されているような、発泡ウレタンと合皮を組み合わせた
柔らかいパッドが組み合わされています。首に直接触れても冷たくない、人に優しい素材を
チョイス。この快適さと剛性感の絶妙な組み合わせ。まさに”スマート&タイト”です!
>>> 次回 SONY WI-1000X レビュー -Headphones Connect-
<<< 前回 SONY WI-1000X レビュー -使用性-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 久米寺の黒猫

    2018-6-30

    久米寺の猫

    あじさい寺 梅雨後半の日曜日、奈良 久米寺を訪れました。久米寺はあじさい寺。本堂横にはあじさい園が…
  2. Chromecast Audio

    2018-6-23

    Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その4-

    もう一つの音楽連携 前回まで、Google Home+ワイヤレススピーカーで快適に音楽を楽しむ方法…
  3. はりねずみ

    2018-6-11

    ぽれぽれ動物/ハリネズミ

    ライフスタイルショップ 先日、近鉄百貨店の中を歩いていると、ある雑貨屋が目に入りました。style…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る