WI-1000X_8

スマート&タイト

WI-1000Xの外観デザインを一言で言い表すならば、”スマート&タイト”。首周りへの視覚的な
存在感を極力なくすため、機構設計/基板レイアウトを見直しながらあくまでスリムさにこだわり、
ここまでコンパクトでスマートな躯体が実現しました。では、キーワードに挙げた”タイト”とは?

ステンレス

ネックバンドタイプのヘッドセットは、首に掛けるたびに本体を左右に広げるため、躯体に多大
な応力が加わります。何万回もの伸縮に耐えるためには、ABSやエラストマー系の柔らかい樹脂
を採用するのが一般的ですが、やわい樹脂だけでは外観品位がありません。そこで、たわみに強く
高剛性でタイトな金属素材、ステンレスを採用したのが、WI-1000Xのデザインのポイント。

ハンガーパッド

ソリッドでタフなステンレスを立体曲面で加工された、こだわりのハンガー部の内側を見ると、
ハイエンドクラスのヘッドホンに採用されているような、発泡ウレタンと合皮を組み合わせた
柔らかいパッドが組み合わされています。首に直接触れても冷たくない、人に優しい素材を
チョイス。この快適さと剛性感の絶妙な組み合わせ。まさに”スマート&タイト”です!
>>> 次回 SONY WI-1000X レビュー -Headphones Connect-
<<< 前回 SONY WI-1000X レビュー -使用性-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る