唐招提寺

毎年恒例、奈良 唐招提寺のうちわまき。

タイトル写真は2012年に撮影したものです。
いつも気が付くと、唐招提寺のうちわまきのニュースを見た後、あぁ、今年も行けなかった…、
と悔しがるのですが、この年(2012年)は土曜日。朝から準備万端。初めて参加しました。

うちわまき、参加できず。

うちわまきへの参加券の配布は、朝9時からだったらしく、時間に間に合いませんでした。しかし、
1000枚分用意されているという、うちわ配布の抽選券は入手。午後3時頃に行われる抽選発表を
待つ間、金堂の北側、講堂前にて 午後1時から舞楽の奉納が始まりました。

壮麗な舞楽の舞。

四人の舞人が舞う「陪臚(ばいろ)」。
太刀や盾などを用いた勇壮な武舞の一つで、なんといっても、この鮮やかな色彩の衣装に目が奪われ
ます。今まで、これほど目の前で舞楽を鑑賞したことはありませんでしたが、その衣装の壮麗さ、
舞の動きの優美さには、しばらく時を忘れて見入ってしまいました。

澄み渡った青空の下、日本古来の優雅な様式美を、存分に堪能した一日でした。

------------------------------------------
f/11 1/320秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 26㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る