DENON AH-D9200_1

新生ハイエンドヘッドホン

昨年9月に登場したDENONの新たなハイエンド・ヘッドホン、AH-D9200。これまではプレミアムモデルとして、AH-D7200が同社のヘッドホンのイメージを牽引していましたが、ついに7000番台を超えるフラッグシップが生まれました。

リアルウッドシリーズ

DENONのプレミアムヘッドホンは、ハウジングに木材を使った“リアルウッドシリーズ”として展開。AH-D5200ではゼブラウッドを、AH-D7200ではアメリカン・ウォールナットを採用。使用する素材の違いによって、奏でるサウンドの表情も個性豊か。そして今回、ハイエンド・ヘッドホンとしてAH-D9200に採用したのは意外や意外、なんと竹!

孟宗竹

ハウジングに使用されたのは単なる竹ではありません。DENONのエンジニアリンググループ、竹野マネージャーが探し当てたのは、高知県で生産されている孟宗竹。優れた振動吸収性を併せ持つ孟宗竹を使用することで、DENONのフラッグシップ・ヘッドホンに相応しいサウンドにようやくたどり着いたということです。

さて、DENONの音の魅力が溢れ出る、至高のプレミアムサウンドとは? 次回よりさらに深くご紹介していきます!
>>> 次回 DENON AH-D9200 レビュー Vol.2
<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. CONTAX T2_6

    2020-3-28

    CONTAX T2 レビュー Vol.5

    佇まい。 四半世紀以上も前に発売されたフィルムカメラなのに、当時の定価 12万円という高値で再び中…
  2. T2_かぎろい

    2020-3-23

    CONTAX T2 レビュー Vol.4

    T*(スター)コーティング ゴースト、フレアを抑え、優れた色再現性を実現した、カール・ツァイスのT…
  3. CONTAX T2_5

    2020-3-20

    CONTAX T2 レビュー Vol.3

    CONTAX T2の魅力 コンパクトカメラでありながらも、本格道具としての所有欲を掻き立ててくれる…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る