ep-tc50m

リ・イヤーピース

前回まで、リケーブルによる音質の向上についてレビューしてきましたが、今回は違った角度から。
イヤホンの音の出口にあたる重要なパーツ、イヤーピースについてです。カナル型(耳栓タイプ)
イヤホンの場合、個人個人によって異なる形状、大きさの耳穴に対して、イヤーピースがどれだけ
フィットするかどうかで、装着時の快適性だけでなく、音質そのものが大きく左右されるのです。

コンプライ

数年前から、オーディオ専門店だけでなく、量販店でも見かけるようになった、コンプライ
イヤホンチップ。従来のイヤーピースと違って、まるでイヤーウィスパー(いびき防止用の耳栓)
のような柔らかいウレタンフォームでできていて、本体を指で潰してから耳に入れるタイプ。
挿入後に膨れて、耳の中から柔らかくフィットするので、つけていても耳が痛くならない上に、
遮音性が高いため、イヤホンの音の再現性が格段に高くなるのです。

トリプルコンフォートイヤーピース

こうした流れを受け、昨年末ソニーからも”トリプルコンフォートイヤーピース”と名付けられた、
コンプライと同じくシリコン一体成形の、EP-TC50というイヤーピースが発売されました。
今までXBA-A2では、標準で付属されていたシリコンフォームイヤーピースを使っていましたが、
イヤーピース内側に充填された発泡シリコン材が硬く、長時間使用では耳が痛くなっていました。

そこでEP-TC50を購入。その快適性、その音質向上、期待通りか?次回、速攻レビューです!
>>> 次回 SONY XBA-A2 レビュー −リ・イヤーピース EP-TC50 その2−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その4−
<<< SONY XBA-A2 レビュー −カスタマイズ−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る