Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ノイズキャンセル−

Beoplay H5_5

ノイズキャンセル

イマドキのイヤホン/ヘッドホンの旬な機能はワイヤレス。そしてもう一つのトレンドはノイキャン、
つまりアクティブノイズキャンセリング機能です。周囲に溢れる様々な騒音をカットしてくれる
ノイキャンはいい音に没入するための大きな味方。ヘッドホンをしていてふと気がつけば、電車の
レール音、アナウンス音、街の雑踏等、勝手に耳に入ってくる多くの雑音に、いつの間にか耳と
脳が慣らされていたのです。

音圧の変化

アクティブノイズキャンセリング機能とは、外界のノイズをマイクで拾い、逆位相の波形に変換し
てノイズにぶつけることで雑音を消音化する技術。音楽を聴いている時、イヤーカップの中では
「音楽+ノイズ+逆位相ノイズ」の3つの音が同時に流れています。そのため、ノイズが消えると
同時に、元の音質からは微妙に変化が生じていることがあります。

消音性

ノイズキャンセリング機能で人気のメーカーといえば、BOSEとSONY。中でも最も強力に消音
効果を効かせてくれるのはBOSE。聴けば脅威の無音世界に浸れます!一方SONYは多数の消音
モードを備えた多機能消音。対するBeoPlay H8のノイキャンはナチュラル消音。オン/オフ時の
音の変化が少なく、ギャップのない自然な消音モード。つまり原音優先のチューニングで、聴き
疲れをしない自然な音を作り上げています。ノイキャンはあくまでもサポートで、音が主役という
大人の選択。B&Oらしい音作りです。
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −音質−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ワイヤレス−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る