Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ノイズキャンセル−

Beoplay H5_5

ノイズキャンセル

イマドキのイヤホン/ヘッドホンの旬な機能はワイヤレス。そしてもう一つのトレンドはノイキャン、
つまりアクティブノイズキャンセリング機能です。周囲に溢れる様々な騒音をカットしてくれる
ノイキャンはいい音に没入するための大きな味方。ヘッドホンをしていてふと気がつけば、電車の
レール音、アナウンス音、街の雑踏等、勝手に耳に入ってくる多くの雑音に、いつの間にか耳と
脳が慣らされていたのです。

音圧の変化

アクティブノイズキャンセリング機能とは、外界のノイズをマイクで拾い、逆位相の波形に変換し
てノイズにぶつけることで雑音を消音化する技術。音楽を聴いている時、イヤーカップの中では
「音楽+ノイズ+逆位相ノイズ」の3つの音が同時に流れています。そのため、ノイズが消えると
同時に、元の音質からは微妙に変化が生じていることがあります。

消音性

ノイズキャンセリング機能で人気のメーカーといえば、BOSEとSONY。中でも最も強力に消音
効果を効かせてくれるのはBOSE。聴けば脅威の無音世界に浸れます!一方SONYは多数の消音
モードを備えた多機能消音。対するBeoPlay H8のノイキャンはナチュラル消音。オン/オフ時の
音の変化が少なく、ギャップのない自然な消音モード。つまり原音優先のチューニングで、聴き
疲れをしない自然な音を作り上げています。ノイキャンはあくまでもサポートで、音が主役という
大人の選択。B&Oらしい音作りです。
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −音質−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ワイヤレス−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. MDR-1AM2

    2018-2-22

    SONY MDR-1AM2 Vol.2

    真打ち登場! 今年の年始に行われたCES 2018にて製品発表があって以来、日本での発売のリリース…
  2. 吉城園の椿

    2018-2-19

    吉城園の椿

    雪の庭 先週末、前夜に積もった雪が残る奈良の町へ向かい、飛火野、二月堂、と歩き、東大寺大仏殿の北側…
  3. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る