東京スカイツリー 江戸紫

GO icon

Canon EOS 6D 新型センサーの階調表現について。

これまで愛用してきた一眼レフは、APS-CセンサーのCanon EOS 40D。
キビキビした動作が頼もしく、長らく相棒としていましたが、空を写した写真等で、JPG
書き出しした画像を見ると、空のブルーのトーンが帯状に段分かれていることがありました。

- いわゆるバンディングです。

特に色調補正をかけていると、そのトーンジャンプが如実に現れてくることがあるのです。

新型センサーによる溜息の出るような滑らかさ。

写真は、EOS 6Dで撮影した東京スカイツリー。どうでしょう、この背景の空を見てください!
薄いオレンジから濃い紫色へと鮮やかに変化する絶妙なグラデーションを、余すところなく
写し出し、バンディングの“バ”の字も見当たりません。

これです!これが撮りたかった!
>>> 次回 Canon EOS 6D レビュー -操作性-
<<< 前回 Canon EOS 6D レビュー -高感度-
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/11 10秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 33㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS RP

    2019-2-16

    Canon EOS RP

    カジュアル・フルサイズ かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでし…
  2. 紫紺野牡丹_

    2019-2-9

    紫紺野牡丹(シコンノボタン)

    祇園の紫 去年、京都 祇園を訪れた時のこと。お昼をどこで食べようかと花見小路通を行ったり来たりして…
  3. 帝釈天

    2019-2-3

    Canon EOS R レビュー -質感表現-

    レンズとカメラの新しい関係 キヤノン初のフルサイズ・ミラーレスは何もかもが新しい。新設計のカメラに…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る