東京スカイツリー 江戸紫

GO icon

Canon EOS 6D 新型センサーの階調表現について。

これまで愛用してきた一眼レフは、APS-CセンサーのCanon EOS 40D。
キビキビした動作が頼もしく、長らく相棒としていましたが、空を写した写真等で、JPG
書き出しした画像を見ると、空のブルーのトーンが帯状に段分かれていることがありました。

- いわゆるバンディングです。

特に色調補正をかけていると、そのトーンジャンプが如実に現れてくることがあるのです。

新型センサーによる溜息の出るような滑らかさ。

写真は、EOS 6Dで撮影した東京スカイツリー。どうでしょう、この背景の空を見てください!
薄いオレンジから濃い紫色へと鮮やかに変化する絶妙なグラデーションを、余すところなく
写し出し、バンディングの“バ”の字も見当たりません。

これです!これが撮りたかった!
>>> 次回 Canon EOS 6D レビュー -操作性-
<<< 前回 Canon EOS 6D レビュー -高感度-
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/11 10秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 33㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 本法寺

    2017-4-28

    京都 本法寺の桜

    静かな穴場 桜の季節の京都といえば、とにかく人、人、人。美しい季節に京都を訪れた私自身も、その人混…
  2. 21century

    2017-4-26

    金沢21世紀美術館 スイミング・プール

    オープンマインド 2004年に開館して以来10数年経った今でも、日本で屈指の人気を誇っているアート…
  3. LUMIX_4

    2017-4-24

    Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-

    即応性 絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正。出会った被写体を即座に、感じたまま写そう…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る