大仏池と鹿

大仏観光

世界遺産 東大寺の大仏殿。多くの修学旅行生や、海外の旅行者達で賑わう奈良の観光地です。
石畳の参道で鹿にせんべいをもぎ取られ、南大門の仁王像に歓声を上げた後、大仏さまに会いに
行く、というのが定番のコースですが、実はその大仏殿の奥、北側に大きな池があるのです。

大仏池

通称”大仏池”と呼ばれているこの池、創建当時には講堂があった辺り。この池の周囲には、楓や
銀杏が植えられていて、紅葉が美しいこの季節、とても絵になる奈良の隠れたスポットでも
あるのです。訪れたのは11月23日勤労感謝の日。天気も上々でした。

紅葉と鹿

お目当てはもちろん紅葉ですが、奈良の鹿とのツーショットがベスト。池の北側には真っ赤に
燃えた楓が見えました。近づいてみると鹿たちも地面の草を食んでいます。冬毛になる前の
綺麗な毛並みをした雌鹿にカメラを向けると、おやっ?という表情で、こちらに視線を向けて
くれました。くりっとした茶色い目がなんとも愛らしい奈良の鹿でした!
>>> 花鳥風月、奈良の色。
--------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/100秒 ISO200 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 50㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る