構図の基本 -額縁構図-

談山神社 紅葉

GO icon

視線を釘付けにする、額縁構図。

日本の寺社・仏閣を撮影していると、ごく自然にこの構図にたどり着く。それが額縁構図。
写真や絵画は額装を施すことで、中身の価値が一層引き立ってきます。同じように、見せたい
被写体の周囲を、額で覆うように写真を構成したのが、額縁構図。

切り取られた風景の美しさ。

タイトル写真のように、美しく色付いた紅葉の姿を、朱の柱で囲むように切り取ると、まるで
一幅の錦絵が眼前に展開されているような、そんな贅沢感を味わうことができるのです。
風景を切り取ることで、被写体の価値をより増感させる、そんな効果が期待できます。

和の国の構図。

山門の向こうに見える新緑。丸窓に切り取られた薄桃色の染井吉野。日本文学で言えば、
川端康成の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」 あのビジュアルですね。
移りゆく四季の、美しい風景を愛でる、日本人の精神が生んだ構図なのかもしれません。

これも額縁構図。

見る人の視線を、被写体に引き込む事がこの構図の目的なので、これも額縁構図なのです。

ドコモビル 新宿御苑

新宿御苑から撮影したNTTドコモ代々木ビル。全方位を木々や枝で囲むことで、トンネル効果に
よって被写体に視線をフォーカスさせているのです。なるほど、解釈は色々あるんですね!
>>> 構図の基本 -三角構図-
<<< 構図の基本 -対角線構図-
--------------------------------------------
< タイトル写真 > f/11 1/30秒 ISO200 露出補正+-0
Canon EOS 40D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM 20㎜
--------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る