構図の基本 -額縁構図-

談山神社 紅葉

GO icon

視線を釘付けにする、額縁構図。

日本の寺社・仏閣を撮影していると、ごく自然にこの構図にたどり着く。それが額縁構図。
写真や絵画は額装を施すことで、中身の価値が一層引き立ってきます。同じように、見せたい
被写体の周囲を、額で覆うように写真を構成したのが、額縁構図。

切り取られた風景の美しさ。

タイトル写真のように、美しく色付いた紅葉の姿を、朱の柱で囲むように切り取ると、まるで
一幅の錦絵が眼前に展開されているような、そんな贅沢感を味わうことができるのです。
風景を切り取ることで、被写体の価値をより増感させる、そんな効果が期待できます。

和の国の構図。

山門の向こうに見える新緑。丸窓に切り取られた薄桃色の染井吉野。日本文学で言えば、
川端康成の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」 あのビジュアルですね。
移りゆく四季の、美しい風景を愛でる、日本人の精神が生んだ構図なのかもしれません。

これも額縁構図。

見る人の視線を、被写体に引き込む事がこの構図の目的なので、これも額縁構図なのです。

ドコモビル 新宿御苑

新宿御苑から撮影したNTTドコモ代々木ビル。全方位を木々や枝で囲むことで、トンネル効果に
よって被写体に視線をフォーカスさせているのです。なるほど、解釈は色々あるんですね!
>>> 構図の基本 -三角構図-
<<< 構図の基本 -対角線構図-
--------------------------------------------
< タイトル写真 > f/11 1/30秒 ISO200 露出補正+-0
Canon EOS 40D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM 20㎜
--------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る