“ローキー”で撮る。 ② -質感表現ー

風鈴祭り

色の情報量

露出を明るめに振る“ハイキー”表現と、暗めに振る“ローキー”表現。色の深みを出そうとした場合、
ローキーを選択します。これは、ハイキーでは白飛びしてしまう明るい箇所の色情報が、明るさを
落とすことで蘇ると同時に、画面全体の色みに深みが増すため。ローキーで色に重厚感が増すのは、
単に画面が暗くなるからではなく、色の情報量が増す為なのです。

シルエット表現による想像力

色の情報量に加えて、諧調表現も豊かになるのがローキー。露出を上げすぎて白飛びさせたり、
露出を下げすぎて黒つぶれさせたり、どちらも行き過ぎは失敗写真になるのですが、黒つぶれの
場合、これを意図的にシルエットとして表現する方法もあります。真っ白の空間には何も生まれ
ませんが、シルエットの中には想像力が生まれます。これがローキーの深みなのです!

質感表現

色と諧調の深みが増せば、必然的に被写体の質感表現がグッと引き出されてきます。タイトル
写真を見てください。残暑の木陰で風を待つガラス風鈴。舌(ぜつ)がガラスに触れて鳴らす
リン…という音色が、余韻深く聞こえてきそうな雰囲気。そんな艶やかなガラスの質感表現が
しっとりと写し出せる、それがローキーの懐の深さなのです。
---------------------------------------------
f/2.8 1/200秒 ISO100 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
---------------------------------------------
>>> “ローキー”で撮る。 ③ ーモノクロームで撮るー
<<< “ローキー”で撮る。 ①
---------------------------------------------
>>> Camtips

ちなみに、ハイキー表現で風鈴を撮ると、こんな感じ!薄くて軽やかなガラスの質感。サラリと
したリネンの短冊の肌触り等が心地いい!ガラスの音色もローキーとは違う様に感じられますね!

サコウユウコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る