黄梅院

秋の鎌倉で

訪れたのは秋。北鎌倉駅を降り、鎌倉方面へ歩き出すとすぐ目の前に寺院入口の石段が見えます。
そこが円覚寺。拝観時間より少し早く到着したため、まだ山門は閉じられています。やがてお寺の
方が石段の下の方から竹箒で掃除を始めました。開門まであと10分ほど。しばらく待ちます。

黄梅院へ

円覚寺へ赴くのは初めてのこと。ようやく開門時間となり、さっそく境内へと向かいました。そこで
まずその境内の広さに驚きました。そして季節は秋でしたので、様々に色づいた楓や銀杏を愛でつつ、
奥へ奥へと歩みを進めるうちに最も奥にある円覚寺の塔頭(たっちゅう)、黄梅院へと着きました。 

木彫仏

山門をくぐり、聖観音堂をお参りしたあと、参道を戻る途中に木彫仏が二体置いてあります。見ると、
そのうちの一体の仏様の手の上に、センリョウの実がふた房。思わず寄ってシャッターを切りました
が、見れば見るほどこの木彫仏、なかなか素敵な笑顔。この穏やかなほほえみと癒しの雰囲気は
まるで円空仏のよう。胸の上に掲げたセンリョウの実がどこかおいしそう!

---------------------------------------------
f5 1/160秒 ISO1250 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 195mm
------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る