WF-1000X_3

完全ワイヤレスイヤホン

KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完全ワイヤレスイヤホンへと向かう
大きなトレンド。最もメジャーなプロダクトとしてはAppleのAirPodsがありますが、これら
オールフリータイプのイヤホンと、WF-1000Xとの最大の違いは、ノイズキャンセリング機能の
有無。完全ワイヤレスの快適性に加え、ノイズからも解放されるストレスフリーが独自の特徴。

ノイキャン

では早速、先行展示の実機でそのノイキャン性能について確かめてみました。簡単な説明書きで
基本操作の方法を確認。L側の本体ボタンを押してノイキャンを設定し、耳にはめてみます。
すると、周囲の雑音がスッと低減。と同時に、聞いている音楽がクローズアップされてきます。

耳閉感(じへいかん)

一点気になったのが耳閉感(じへいかん)。ノイズキャンセリング機能は、外部の雑音をマイク
で拾い、逆位相の音を混ぜることで消音する仕組み。そのため、機種によっては気圧の変化で
耳が詰まったような状態に感じられることもあります。WF-1000Xのノイキャンで、まず感じた
のが、この耳閉感。わずかな感覚なのですが、そのため音場自体もやや平面的に感じられます。

WI-1000X

同じく10月7日発売予定のネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホン、WI-1000Xの展示機
と聴き比べてみます。すると、さすがに上位機種のWI-1000X!その消音性能には唸らされ
ました。BOSEのQuietControl 30 wireless headphonesを聴いた時のような驚き。BOSEの
場合はまさに音が消える!WI-1000Xは無音の違和感を抑えつつ心地よい音場を作り出す感じ。

価格差と性能差

これら上位機種とは価格差1万円ほどある上に、完全ワイヤレスという機能差もあります。
音質/消音性を妥協してオールフリーの利点を取るか、ネックバンドスタイルだけど音質を
含めたトータル性能を取るか、毎日使う快適性のポイントをどこに置くかで深く悩むのです。
>>> 次回 SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-
<<< 前回 SONY WF-1000X 1st レビュー -音質-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鷺池と小鷺

    2018-4-15

    鷺池と小鷺

    大いなる自然 小鷺は、己の姿が美しいことを知っているのでしょうか?そもそも人間以外の生物が、”美し…
  2. google home mini 1

    2018-4-12

    Google Home / Mini レビュー -Google Play Music その3-

    アップロードの前に これで、手持ちの音源をサーバーにアップロードする準備が整いました!アップロード…
  3. 花会式

    2018-4-10

    薬師寺 鬼追式

    修二会 奈良の世界遺産、薬師寺で行われる冬の終わりの法要、修二会。その名の通り、毎年旧暦2月に行わ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る