WF-1000X_3

完全ワイヤレスイヤホン

KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完全ワイヤレスイヤホンへと向かう
大きなトレンド。最もメジャーなプロダクトとしてはAppleのAirPodsがありますが、これら
オールフリータイプのイヤホンと、WF-1000Xとの最大の違いは、ノイズキャンセリング機能の
有無。完全ワイヤレスの快適性に加え、ノイズからも解放されるストレスフリーが独自の特徴。

ノイキャン

では早速、先行展示の実機でそのノイキャン性能について確かめてみました。簡単な説明書きで
基本操作の方法を確認。L側の本体ボタンを押してノイキャンを設定し、耳にはめてみます。
すると、周囲の雑音がスッと低減。と同時に、聞いている音楽がクローズアップされてきます。

耳閉感(じへいかん)

一点気になったのが耳閉感(じへいかん)。ノイズキャンセリング機能は、外部の雑音をマイク
で拾い、逆位相の音を混ぜることで消音する仕組み。そのため、機種によっては気圧の変化で
耳が詰まったような状態に感じられることもあります。WF-1000Xのノイキャンで、まず感じた
のが、この耳閉感。わずかな感覚なのですが、そのため音場自体もやや平面的に感じられます。

WI-1000X

同じく10月7日発売予定のネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホン、WI-1000Xの展示機
と聴き比べてみます。すると、さすがに上位機種のWI-1000X!その消音性能には唸らされ
ました。BOSEのQuietControl 30 wireless headphonesを聴いた時のような驚き。BOSEの
場合はまさに音が消える!WI-1000Xは無音の違和感を抑えつつ心地よい音場を作り出す感じ。

価格差と性能差

これら上位機種とは価格差1万円ほどある上に、完全ワイヤレスという機能差もあります。
音質/消音性を妥協してオールフリーの利点を取るか、ネックバンドスタイルだけど音質を
含めたトータル性能を取るか、毎日使う快適性のポイントをどこに置くかで深く悩むのです。
>>> 次回 SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-
<<< 前回 SONY WF-1000X 1st レビュー -音質-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る