EOS R_12

中西 敏貴

Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM SESSIONにて。写真家の中西 敏貴氏が登壇したセッションで、EOS Rを使いこなす際の操作カスタマイズについてのレクチャーがありました。その時に言われていたことで、特に印象的だったのが、サイレント撮影についてです。

ブレ防止

風景写真を撮る際、特に気を付けたいのが手振れ。そこで中西氏が推奨していたのは、サイレント撮影の効果です。一眼レフの場合、ミラーショックによる手振れは、構造的な宿命でした。しかし、ミラーレスの場合はそもそもミラーがありません。だからこそ、積極的にサイレント撮影を行うべきだ、というのが中西氏の提案です。

ミラーアップ

私も一眼レフを使っていた頃、三脚に乗せてじっくりと撮る時にはミラーアップ撮影をしていました。EOS Rのサイレント撮影とははまさにそれ。本来は静粛性のための機構ですが、通常撮影時の手振れ防止に大いに効果があります。実際使ってみると、ブレの無い写真のヒット率が、大幅に増えました。

シャッターの手応え

サイレント撮影モードで撮影すると、驚くほど手応えがありません。シャッターを押した時の本体からのフィードバックが一切無いので、当初は撮影のリズムが取れませんでした。あれっ?今撮れたの?という感じ。しかし、1日撮影してみるとすぐに慣れました。それよりもブレの無い写真が次々に撮れていることに気がつくと、もう戻れません。今後はこれで行こう!と決めました。

ただし一つ注意です。サイレント撮影モードでは連写はできません。でも風景には効き目抜群ですよ!
>>> 次回 Canon EOS R レビュー -トーン-
<<< 前回 Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る