Canon EOS R5

開発発表

昨日2月13日突然キヤノンから、開発中の機種として発表されたEOS R5。本来ならば、2月27日から横浜で開催予定だったCP+(シーピープラス)での正式なお披露目となるところでしたが、新型コロナウイルスの影響で、CP+の中止がアナウンスされたため、現物を目で見ることはできなくなりました。

キヤノンの本気

キヤノンの公式ウェブ情報から読み取れるのは、同社ミラーレス機に対する本気です。EOS Rから始まったR SYSTEMの登場から約一年半。キヤノンのミラーレス・イノベーションは、このR5で一つのピークを迎えることになります。そのポイントは何と言っても、キヤノン初搭載となるボディ内手振れ補正機構。

レンズかボディか。

これまでキヤノンは、頑なにレンズ内手ブレ補正機構搭載に拘ってきました。一方市場では、ソニーがボディ内手振れ補正機構搭載カメラのラインナップ拡充で大きくシェアを伸ばしつつあります。そこでついに満を持してキヤノンも参入する形になりました。

写真体験

そして、現行手振れ補正機構内蔵のレンズを装着した場合は、R5のボディ内補正機構と合わせてダブルで効くので、かなり強力な補正機構システムへと進化するのは確かのようです。また、対応するマウントさえあれば、様々な他社オールドレンスでも手ブレ補正の恩恵を受けられるので、これまでにない楽しい写真体験の広がりが期待できます。

第二幕

この他にも、自社開発の新たな4000万画素のイメージセンサー搭載や8K動画対応、ダブルスロットの採用など、今の時代が求めるタイムリーな機能進化が続々。コンパクトなミラーレスとは思えない、一切出し惜しみのない本格的なカメラになりそうです。

EOS R5から、R SYSTEM第二幕が始まります。

>>> ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. CONTAX T2_6

    2020-3-28

    CONTAX T2 レビュー Vol.5

    佇まい。 四半世紀以上も前に発売されたフィルムカメラなのに、当時の定価 12万円という高値で再び中…
  2. T2_かぎろい

    2020-3-23

    CONTAX T2 レビュー Vol.4

    T*(スター)コーティング ゴースト、フレアを抑え、優れた色再現性を実現した、カール・ツァイスのT…
  3. CONTAX T2_5

    2020-3-20

    CONTAX T2 レビュー Vol.3

    CONTAX T2の魅力 コンパクトカメラでありながらも、本格道具としての所有欲を掻き立ててくれる…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る