Nikon Z7_1

カウントダウン Z

2018年9月28日発売まで後約二週間。新世代となるZマウント・レンズの高い性能を最大化する、4575万画素のフルサイズ撮像素子を搭載したニコンのミラーレス、Nikon Z 7。”ニコン史上最高画質”と掲げるその新たな一眼のデビューを前に、まずは実機に触れて体験してきました!

ニコンファンミーティング2018

参加してきたのは、昨日9月15日(土)行われた、ニコンファンミーティング2018 大阪。会場となる堂島リバーフォーラム ホールに到着すると、往年のニコン・ユーザーを中心とする熱い空気が会場周囲にも漂っています。入口の前にはNikon Fを肩から下げている方もちらほら、約60年振りに刷新される新たなマウントとその先の話について、一言ありそうな重鎮ユーザーが一堂に会していました。

FAN Meeting

ワッペン

入場(無料です)の際に、各種カタログの入ったペーパーバッグを手渡されると同時に、入場証としてワッペンが配布されます。こちらには使用している機種とレンズを書き込まなくてはなりません。現在私は、EOS 6Dを使用しているCanonユーザーなので、完全アウェー。
もちろん嘘はいけないのでしっかり”EOS 6D”と記載してスタッフにワッペンを手渡すと、「たっぷりとZ 7を体験していったくださいね!」と、とびきりの笑顔でワッペンを肩に貼ってくれました。それでは、Nikon Z 7の1st レビュー、開始です!

 >>> 次回 Nikon Z 7 1st レビュー Vol.2
<<< Canon EOS R 1st レビュー Vol.1
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. CONTAX T2_6

    2020-3-28

    CONTAX T2 レビュー Vol.5

    佇まい。 四半世紀以上も前に発売されたフィルムカメラなのに、当時の定価 12万円という高値で再び中…
  2. T2_かぎろい

    2020-3-23

    CONTAX T2 レビュー Vol.4

    T*(スター)コーティング ゴースト、フレアを抑え、優れた色再現性を実現した、カール・ツァイスのT…
  3. CONTAX T2_5

    2020-3-20

    CONTAX T2 レビュー Vol.3

    CONTAX T2の魅力 コンパクトカメラでありながらも、本格道具としての所有欲を掻き立ててくれる…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る