オートハーフ_4

1st Model

リコー オートハーフのファーストモデルは、設計 安宅氏/デザイン 野中氏という体制で開発がスタートしました。フィルム巻き上げが自動で、シャッターさえ押せば誰にでもきれいに撮れるオートマチックカメラを作り上げたいと、悪戦苦闘しながら作り上げたのがファーストモデル。↓

Ricoh_autohalf

(写真:ウィキペディアより ↑ )

L&Mのタバコサイズ

設計の安宅氏が、アメリカ出張者からのお土産にもらったタバコ、“L&M”ブランドのハードケースを見て、この大きさだ!と思いついたというのが、オートハーフの外形サイズ。確かに手の中に納まるコンパクトな大きさです。この小さなL&Mサイズにとことん拘ったため、フロントパネルとバックパネルを繋ぐ蝶番が入れられず、前後をパカッと分けてはずす、ユニークなモナカ構造になったということです。もちろん、蝶番が外観に現れるのがスマートではないという思いもありました。

SE

私が所有している、タイトル写真のSEは、ファーストモデルから数えること5代目。蝶番が無い為に紛失する事も多かったという前後パネルには蝶番が付き、フロントパネル前面にあったレリーズボタンも、天面部に移動しています。しかし、押すだけできれいに撮れるという思想は受け継がれ、スクエアでプレーンなデザインは、歴代のオートハーフに脈々と継承されていくのです。
--------------------------------------------
>>> RICOH AUTO HALFの魅力 ⑥ -スナップ-
<<< RICOH AUTO HALFの魅力 ④ -色調-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る