オートハーフ_浅草寺

「魚がし」の飾提燈

リコー オートハーフが表現する、その色を確かめる為、浅草寺の境内を散策。雷門の大提灯から
仲見世の参道を過ぎ、ひとまず本堂手前の大きな香炉で、もうもうと立ち上る線香の煙を浴びた後、
本堂でお参りを済ませます。再び宝蔵門へ戻り、両脇の「魚がし」の飾提燈を再び見上げました。

朱塗りの赤

宝蔵門のこの朱色がどれくらい鮮やかに写るのだろう…、と想像しながらオートハーフを構えます。
画面中心に飾提燈を入れてパシャリ。この通り、色彩表現は見事に鮮やか!朱塗りの赤だけでなく、
金の縁取りや「魚がし」の文字もキリリと描写。なかなかどうして味のある色になりました。

”オート”ハーフ

オートハーフはその名前の通り、基本設定は全てオート。焦点距離は2.5m固定。シャッター速度は
1/125固定。絞りのみが環境光に合わせて変わります。つまり、難しいことは考えず、2~3m先の
被写体に対してシャッターを切るだけ!写ルンです的な気軽さで、しかもハーフサイズで、この
描写力。なるほど、これは大ヒットシリーズになった訳だ、と再認識しました。
--------------------------------------------
>>> RICOH AUTO HALFの魅力 ⑤ -サイズ-
<<< RICOH AUTO HALFの魅力 ③ -質感表現-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…
  2. Bowers & Wilkins PX_6

    2018-2-15

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-

    装着感 ヘッドホンとしての最も重要な機能はもちろん音ですが、装着感も同じくらい重要なファクター。こ…
  3. 雪と鹿

    2018-2-12

    雪の飛火野と鹿

    雪降る朝 今朝起きてみると、外は一面雪。しかし空を見るとすでに雲が消え行き、晴れ渡る白銀の世界が見…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る