オートハーフ_浅草寺

「魚がし」の飾提燈

リコー オートハーフが表現する、その色を確かめる為、浅草寺の境内を散策。雷門の大提灯から
仲見世の参道を過ぎ、ひとまず本堂手前の大きな香炉で、もうもうと立ち上る線香の煙を浴びた後、
本堂でお参りを済ませます。再び宝蔵門へ戻り、両脇の「魚がし」の飾提燈を再び見上げました。

朱塗りの赤

宝蔵門のこの朱色がどれくらい鮮やかに写るのだろう…、と想像しながらオートハーフを構えます。
画面中心に飾提燈を入れてパシャリ。この通り、色彩表現は見事に鮮やか!朱塗りの赤だけでなく、
金の縁取りや「魚がし」の文字もキリリと描写。なかなかどうして味のある色になりました。

”オート”ハーフ

オートハーフはその名前の通り、基本設定は全てオート。焦点距離は2.5m固定。シャッター速度は
1/125固定。絞りのみが環境光に合わせて変わります。つまり、難しいことは考えず、2~3m先の
被写体に対してシャッターを切るだけ!写ルンです的な気軽さで、しかもハーフサイズで、この
描写力。なるほど、これは大ヒットシリーズになった訳だ、と再認識しました。
--------------------------------------------
>>> RICOH AUTO HALFの魅力 ⑤ -サイズ-
<<< RICOH AUTO HALFの魅力 ③ -質感表現-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る