ホグワーツ城 2

ホグワーツ城

高感度撮影の被写体として選んだのが、USJの夜のホグワーツ城。今から始まるホグワーツ・マジカル・セレブレーションが始まる直前の静かな時間。ライトアップで夜空に浮かび上がる姿は、まるで映画の世界から現れたかのよう。この荘厳な雰囲気を綺麗に写したいところですが、もちろん三脚は使えません。

ISO1600

手持ちで構え、手振れの限界までISO感度を上げようと思い、ISO感度を1600に設定。シャッター速度を見ると1/6秒。こはさすがに厳しいかな…と思いましたが、GR IIIには手振れ補正機能が搭載されているので大丈夫だろう!と、シャッターを切りました。

 解像感

その時の写真がこちら。これがノイズを抑えるアクセラレーターユニットの力でしょうか、ISO1600でもディティールを潰すことなくしっかりと解像しています。そしてなによりも、撮影した瞬間のあの場の空気感がしっかりと写し出されています。ちなみに下の画像は、その一部分を等倍で切り出したもの。

ホグワーツ城 3

どうでしょう、等倍に拡大しても、目地や装飾の細かなところまで潰れずに描かれているのが分かります。しかもこれが手持ちで撮れる!小さな瞳のはずなのに、新型GRレンズのシャープな描写力は本当にすごい!
>>> 次回 RICOH GR III レビュー Vol.9
<<< 前回 RICOH GR III レビュー Vol.7

F2.8 1/6秒 ISO1600 露出補正-0.3
RICOH GR III レンズ:18.3mm (35ミリ判換算で約28mm相当)
RICOH GR III レビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る