XBA-40_2

4の威力

密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-40。ソニー独自開発のBA (バランスド・アーマチュア)
ドライバーを、なんと驚異の4個積み。高精度かつ高密度な設計基準を求められるBAユニットを、
贅沢にも4基搭載したイヤホン。これはBAユニットを自社で開発しているソニーにしかできない
製品なのかもしれません。

BAへの拘り

通常BAユニットは、ダイナミック型と比べて音を鳴らす周波数の帯域が狭いため、フルレンジで
帯域の広い音を表現しようと思ったら、各帯域にチューニングされたユニットを複数個積んで
フルレンジに対応しなければなりません。それほどまでに手間をかけてまでBAの音に拘るのは、
何と言ってもBAが奏でる音のポテンシャルの高さでしょう。

繊細さ

帯域が狭い、つまり裏を返せば繊細ということ。BAが最も得意とする音域、高音域〜中音域の
音表現の能力は、実際飛び抜けています。特にボーカルの声の生々しさと言ったらありません。
まるで脳に直接囁かれているかのようなリアルさ。この表現力の高さを武器に、フルレンジ域と
トゥイーター域のドライバーに加え、BAの苦手な低音域をカバーするため、ウーファーとスーパー
ウーファーのドライバーユニットを搭載。

独自の拘りポイントがぎゅっと詰まった、このユニークなイヤホン、早速レビュー開始です!

>>> 次回 SONY XBA-40 レビュー −音質−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −おすすめアーティスト−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る