Bowers & Wilkins PX_2

ノイズキャンセリング

ワイヤレスヘッドホンでありながら、驚くほどサウンドの再現性に長けたB&WのPX。その
唯一の弱点、それはノイズキャンセリング。ノイキャン機能をオンにした途端、あの洗練された
煌めくようなサウンドクオリティが大きく変わるのです。

音場と低音域

ノイキャンに切り替えるとまず最初に、スカッと見通しの良かった広がりある音場が急に狭まり、
低・中・高全域に亘って音の芯が抜かれたような、スカスカしたサウンドに変わります。特に
低音域の印象の変わりようは大きく、澄み渡る大人の音から、ボワつく奥行きのない音に激変…。

ノウハウ

 ノイズキャンセリングの仕組みは、外音のノイズに対しその逆位相の音をぶつけることでノイズ
を解消するというもの。その性格上、高/低音域の音が鈍り、美味しい音の帯域が狭まります。
その上下の音域を潰さず、上手に音を再現ところに、各メーカーのノウハウがあるのです。

いち早くノイズキャンセリングの開発に取り組んでいたBOSEやソニーはそこが大きな強み。
ノイキャン新参者のB&Wはまだそのステージには未到達。素のポテンシャルが素晴らしいだけに、
その差が際立ちます。ノイキャンを使わない、という男前な手もありますが…、さて。

>>> 次回 Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-
<<< 前回 Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -サウンド-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Nikon Z7_3

    2018-9-19

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.3 -VR-

    ニコン初のVR搭載 新しいZシリーズから、ニコンで初めて搭載されるのが、カメラ内のセンサーシフト式…
  2. Nikon Z7_2

    2018-9-16

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.2 -グリップ感-

    Z 7 & NIKKOR撮影体験コーナー 兎にも角にもまずはZ 7。撮影体験コーナーの列に…
  3. Nikon Z7_1

    2018-9-16

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.1

    カウントダウン Z 2018年9月28日発売まで後約二週間。新世代となるZマウント・レンズの高い性…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る