キバナコスモス

逆光のシチュエーション

広角ズームレンズで風景を撮影する場合、標準レンズに比べて、太陽が画面に入ってくるシチュ
エーションが当然増えてきます。ですので、やはり気になるのは逆光耐性。強烈な太陽の光が
入ってきた時、EF16-35mm F4L IS USMの場合、どれくらい画に影響があるのでしょうか。

太陽を入れて

昨年の夏、藤原宮跡でキバナコスモスの花畑を撮影していた時の写真です。敢えて大胆に太陽を
画面に入れてみようと思い、完全な逆光のアングルで、しかも太陽を画面内に入れて撮って
みました。通常ならば、フレアやゴーストが大いに発生するシチュエーションです。

クリアな色乗り

しかしどうでしょう。新世代設計のEF16-35mm F4L IS USMの逆光耐性、なかなか見事な仕事
です。太陽が正面に入っていても、鮮やかに描き出すその色彩はとても諧調が豊か。あまりに自然
すぎて、これが逆光のアングルから撮ったものだと一見して気が付かないほど。この優等生ぶり、
心憎いですね、
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF16-35mm F4L IS USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
続いては、キヤノン広角ズーム初搭載の手ブレ補正機能について! >>>
<<< 前回 Canon EF16-35mm F4L IS USM -画角-
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー
--------------------------------------------
f4.5 1/1000秒 ISO100 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF16-35mm F4L IS USM 16㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ウィーディーシードラゴン

    2017-8-19

    サンシャイン水族館 ウィーディーシードラゴン

    馬か竜か? こちらの写真は、サンシャイン水族館で撮影したウィーディーシードラゴン。オーストラリアに…
  2. α6000_5

    2017-8-11

    SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

    0.06秒 シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと0…
  3. 南京西路

    2017-8-9

    上海 南京東路(ナンジンドンルー)

    外灘のメインストリート 人民公園広場から外灘まで続く、上海を代表するメインストリートが南京東路(ナ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る