キバナコスモス

逆光のシチュエーション

広角ズームレンズで風景を撮影する場合、標準レンズに比べて、太陽が画面に入ってくるシチュ
エーションが当然増えてきます。ですので、やはり気になるのは逆光耐性。強烈な太陽の光が
入ってきた時、EF16-35mm F4L IS USMの場合、どれくらい画に影響があるのでしょうか。

太陽を入れて

昨年の夏、藤原宮跡でキバナコスモスの花畑を撮影していた時の写真です。敢えて大胆に太陽を
画面に入れてみようと思い、完全な逆光のアングルで、しかも太陽を画面内に入れて撮って
みました。通常ならば、フレアやゴーストが大いに発生するシチュエーションです。

クリアな色乗り

しかしどうでしょう。新世代設計のEF16-35mm F4L IS USMの逆光耐性、なかなか見事な仕事
です。太陽が正面に入っていても、鮮やかに描き出すその色彩はとても諧調が豊か。あまりに自然
すぎて、これが逆光のアングルから撮ったものだと一見して気が付かないほど。この優等生ぶり、
心憎いですね、
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF16-35mm F4L IS USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
続いては、キヤノン広角ズーム初搭載の手ブレ補正機能について! >>>
<<< 前回 Canon EF16-35mm F4L IS USM -画角-
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー
--------------------------------------------
f4.5 1/1000秒 ISO100 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF16-35mm F4L IS USM 16㎜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る