“ローキー”で撮る。 ② -質感表現ー

風鈴祭り

色の情報量

露出を明るめに振る“ハイキー”表現と、暗めに振る“ローキー”表現。色の深みを出そうとした場合、
ローキーを選択します。これは、ハイキーでは白飛びしてしまう明るい箇所の色情報が、明るさを
落とすことで蘇ると同時に、画面全体の色みに深みが増すため。ローキーで色に重厚感が増すのは、
単に画面が暗くなるからではなく、色の情報量が増す為なのです。

シルエット表現による想像力

色の情報量に加えて、諧調表現も豊かになるのがローキー。露出を上げすぎて白飛びさせたり、
露出を下げすぎて黒つぶれさせたり、どちらも行き過ぎは失敗写真になるのですが、黒つぶれの
場合、これを意図的にシルエットとして表現する方法もあります。真っ白の空間には何も生まれ
ませんが、シルエットの中には想像力が生まれます。これがローキーの深みなのです!

質感表現

色と諧調の深みが増せば、必然的に被写体の質感表現がグッと引き出されてきます。タイトル
写真を見てください。残暑の木陰で風を待つガラス風鈴。舌(ぜつ)がガラスに触れて鳴らす
リン…という音色が、余韻深く聞こえてきそうな雰囲気。そんな艶やかなガラスの質感表現が
しっとりと写し出せる、それがローキーの懐の深さなのです。
---------------------------------------------
f/2.8 1/200秒 ISO100 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
---------------------------------------------
>>> “ローキー”で撮る。 ③ ーモノクロームで撮るー
<<< “ローキー”で撮る。 ①
---------------------------------------------
>>> Camtips

ちなみに、ハイキー表現で風鈴を撮ると、こんな感じ!薄くて軽やかなガラスの質感。サラリと
したリネンの短冊の肌触り等が心地いい!ガラスの音色もローキーとは違う様に感じられますね!

サコウユウコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 苔玉

    2018-12-15

    Canon EOS R レビュー -トーン-

    一新 1987年にEOS一号機が誕生して以来、30年以上もの歴史を積み重ねてきたEOSシリーズ。そ…
  2. EOS R_12

    2018-12-9

    Canon EOS R レビュー -サイレント撮影-

    中西 敏貴 Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM S…
  3. 朝の奈良公園2

    2018-12-2

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-

    デュアルピクセルCMOS AF 撮像センサー自体がAFセンサーという特性を持つ、デュアルピクセルC…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る