EOS R_14

5655点

EOSシリーズのプロ向けフラッグシップEOS-1D X Mark IIのAF測距点は61点。対してEOS Rの選択可能な測距ポイントはなんと縦65×横87の合計5655点。デュアルピクセルCMOS AFが可能にしたこの多点フレームを、撮影中に瞬時に選択するのは至難の技です。

マルチコントローラー

これまで私が愛用してきた一眼レフのEOS 6Dでは、AFフレームの選択にマルチコントローラーを使ってきました。縦横斜め自在に動かせる円形シーソーキーは直感的で分かりやすく、とても重宝していたのですが、残念なことにEOS Rでは廃止。代わりに、メインとサブの電子ダイヤルを二本の指で操作して5655点の中からAFフレームの位置を決めるのですが、使いづらくとても煩わしい!もっと簡単にできないのだろうか?と調べてみると、ありました!

タッチ&ドラッグAF

AFフレーム選択として使うのは背面液晶。ノートPCのタッチパッドのような感覚で液晶面をタッチ&ドラッグして測距点を移動させるのです。ただ、ファインダーを覗いている間、液晶面の左半分は顔で隠れるので、タッチエリアは開いている右上の1/4を使います。

ファインダー内で

するとどうでしょう!まるでかつてのマルチコントローラーのように、ファインダー内で測距点がスルスル移動。多点すぎて難儀していたポジション選択も、思い通りの場所へ一発で決められます。なんだ、こんな簡単なことだったのか!と拍子抜けしてしまうほどあっけなく解決しました。

設定方法

設定は、背面液晶の左上にあるMENUキーを押し、液晶画面のAFタブの1を選択。画面一番下の”タッチ&ドラッグAF設定”を選び、一番上の”タッチ&ドラッグAF”を”する”に設定。その下は”絶対位置”、一番下は”右上”に設定するのが基本。これで解決です!
>>> 次回 Canon EOS R レビュー -質感表現-
 <<< 前回 Canon EOS R レビュー -AF設定-
<<< Canon EOS R レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る