GR III_2

イメージセンサー

RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機と同じAPS-Cサイズ!手で軽く握れるほどの本体寸法の中に、一体どうやって一眼レフと同じサイズのセンサーが搭載できたのか?GRの最もマジカルでファンタスティックなところです。

GR DIGITAL

2005年に登場したデジタル世代の最初のGR、GR DIGITALのセンサーは1/1.8インチでした。現在のGR IIIのセンサーに比べて1/10程度の大きさしかありません。あれから14年が経過し、今では一眼レフに並ぶ高画質ユニットを手に入れました。これならリコーが誇る伝統のGRレンズの光学性能を存分に表現できるはず。今回私がGR IIIの購入に至った最大の理由がこれです。

24.2M

有効画素数は約2424万画素。同じAPS-Cサイズ搭載のCanon EOS kissシリーズや、Nikon D4桁シリーズ同等の画素数。つまりGR IIIは、缶コーヒーほどの大きさまでギュッと凝縮した一眼レフ/ミラーレスカメラである、とも言えます。ここまで本体サイズを小さくするメリットとは何か?それはズバリ、携帯性です。

シーン

街中を歩いていて、真っ赤な傘をさしている可愛らしい女の子を見かけた時。夕焼け空が思いもよらない幻想的な色彩を描いていた時。「今この瞬間に一眼レフがあったら…」と悔やんだことが何度もありました。だからと言って常に一眼レフを携帯するわけにもいきません。しかし、これからはいつでもカバンの中にGR IIIを忍ばせておけばいいのです。

胸に刻まれたあの美しいシーンは二度と戻ってきません。しかし次からはこの小さなGR IIIが、私の頼もしい味方です。
>>> 次回 RICOH GR III レビュー Vol.4
<<< 前回 RICOH GR III レビュー Vol.2
<<< 製品レビュー 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 里弄_3

    2019-9-1

    上海 里弄(リーロン) その3

    租界時代の住宅 上海環球金融中心や上海中心といった、近代超高層ビル群が立ち並ぶ現代の上海において、…
  2. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  3. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る