SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −構造設計−

NW-ZX100_4

モノコック構造

NW-ZX100を手にすると、切削アルミ躯体のひんやりとしたボディの温度と、ずしっとした重量感
がダイレクトに指に伝わってきます。その確かな存在感は、”私はただ音を鳴らすだけのポータブル
オーディオプレーヤーとは違うのだ!”と、手の中から静かに主張をしているかのようです。
その高品位な作りのボディをよく見ると、継ぎ目がないモノコック構造である事に気がつきます。

キャビ構成

前キャビと後キャビを組み合わせて作る、所謂家電的な従来構造とは全く異なるユニボディ的構造
を採用。シームレスな外観/内部一体のモノコック構造により、ブレの少ない高剛性な躯体を実現
し、ノイズを極力抑え込むベースキャビティーが、本体全体を形作っています。

ヘッドホンジャック

 NW-ZX100にはイヤホンが同梱されていません。このような高音質なハイレゾ・プレーヤーの
場合、対象ユーザーの多くは、自分の好みに合ったイヤホン/ヘッドホンをすでに所有しているから
です。そうした高音質デバイスとの重要な接点であるヘッドホンジャックには、アルマイト加工
された切削アルミパーツを用いる事で接点部の強度を上げ、音の安定化を図っています。

背面

ZXシリーズ共通のデザイン・アイコンでもある背面の膨らみ。もちろん単なる形の継承ではなく、
この内部には高音質設計のためのパーツが詰まっています。L/R正負をそれぞれ独立させた、大型
コンデンサー”OS-CON”。ヘッドホンラインに採用した5つの極太ケーブルなど、この膨らみの中
には、いい音のための専用パーツがぎっしり。こうした音への拘りの一つ一つの積み重ねが、音と
音との繊細なセパレーションを生み出していたのです。

>>> 次回 SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −インターフェース−
<<< 前回 SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −音質−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る