”露出”とは ー絞りとシャッタースピードの関係ー

藤原京跡の蓮_2

”露出”とは

写真の基本である”露出”とは、「絞り」「シャッタースピード」そして「ISO感度」の組み合せで
写真の明るさを設定することです。全てのデジタルカメラは各社独自のノウハウにより、適正露出で
写真が撮れるように、光の量をコントロールしています。(マニュアル操作の場合を除いて)

適正露出の組み合わせ

下図のように、「絞り」と「シャッタースピード」の組み合せは対比的な相関関係になっています。

絞り開_
上図のように絞りを大きく開けた場合、イメージセンサーに届く光の量が多くなるので、シャッター
スピードは
短くなり、ピントの合う範囲(被写界深度)は浅くなります。
絞り閉_
一方、同じ露出条件で絞りを絞った場合は、光の量が少なくなるので、シャッタースピードは長く
なり、ピントの合う範囲(被写界深度)は深くなります。

三つの関係

このように、「絞り」「シャッタースピード」「被写界深度」の三つの関係を理解し、写真の基本的
知識として身につけておくことは非常に重要です。例えば、可愛らしい子供の表情だけにフォーカス
したい場合は絞り解放で撮影する。また風景全てをくっきり写し撮りたい場合は、絞りを絞り込む。
ただしシャッタースピードが長くなるので、手振れを防ぐため三脚が必要になる。といった事です。

ISO感度

もしも三脚が手元にない場合は、ISO感度を上げて光量を増感し、シャッタースピードを短くする
ことも可能です。下の写真では、ISO感度を1600まで上げてシャッタースピードを上げ、手振れを
防ぎつつ手持ちで撮影したものです。三脚が無い場合は、ISO感度を積極的に活用しましょう!
竹林

---------------------------------------------
f3.2 1/400秒 ISO100 露出補正+2.3
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 200mm
---------------------------------------------
>>> 絞りとボケの関係
<<< “ローキー”で撮る。 ③ ーモノクロームで撮るー
---------------------------------------------
>>> Camtips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る