東京タワー_DIAL35

東京タワー

ハーフサイズカメラ ダイヤル35を連れて東京タワーの足元へ。この日は快晴。下から見上げる
赤い鉄塔のダイナミックなフォルムが目に眩しく映ります。35㎜フィルムの半分で、この鉄骨の
一本一本がどれくらいにの解像力で写るのか、ダイヤル35の腕試しです。

操作手順

ダイヤル35は一眼レフではないので、ファインダーで確認するのはあくまでもフレーミングと
露出。ピント合わせは目測になります。撮影距離セットレバーを∞よりちょっとだけ引き戻し、
シャッタースピードセットリングを1/125に合わせます。

オートワインダー

前パネルに配置されたシャッターを切ると同寺に“シューッ”とフィルムが自動的に巻き戻されます。
いわばオートワインダー。底部にあるスプリング巻き上げノブを巻いた分だけしか巻き戻されない
ので、正確には自動巻き上げではないのですが、その軽快な撮影リズムの感覚はまさにオート。

解像感

撮影したフィルムを現像し、フィルムスキャンして画像データを見てみると、この仕上がり。
ハーフサイズにもかかわらず、結構健闘している!赤い鉄骨に打ち付けられたリベットのひとつ
ひとつがきちんと写っている!50年以上も前のレンズとカメラですが、やってくれました!

--------------------------------------------
Canon DIAL 35 レンズ: SE28mmF2.8
--------------------------------------------
>>> 続いては Canon DIAL 35の魅力 ⑤ -色- です。
<<< 戻る Canon DIAL 35の魅力 ③ -受光部-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 砂ずりの藤

    2017-5-14

    奈良 春日大社 砂ずりの藤

    春の色 春は花。花は色。そうです、春は様々な色が芽吹く時。5月を過ぎる頃になると、ハイキングの途中…
  2. α6000_1

    2017-5-12

    SONY α6000 レビュー

    APS-C ミラーレスのベストセラー 巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で…
  3. 奈良公園の桜と鹿_2

    2017-5-7

    奈良公園 茶山園地の奈良九重桜(ならのここのえざくら)と鹿

    桜の終盤 先月の下旬頃、奈良公園の桜ももう終盤にさしかかっているとのお知らせが、桜の見頃サイトでア…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る